現実という不可抗力の必要性。

 

  現実という不可抗力にぶち当たることがある。それは失恋や挫折など、その人が大切にしてきたものに現れる。

 

  現実生活をある程度自力で思い通りにしてきた人にとって、目に見えないものはあまり重要ではないどころか、科学的でないものは迷信に過ぎないだろう。

 

  しかし一度そのような不可抗力に襲われることで、この現実生活から心を離し、もっと大切な何かを探し始める。

 

  つまりそれは、その人にとって最も必要で、その恋愛が成就するよりも、成功するよりも、必要な経験だったと言える。