感謝。

 

 

 

卑屈にとらわれてしまう時。

  

 

 

どうして自分は不幸なんだろう、とか、あの人はうまくいってるんだろうとか、心があるべき場所にいなくなってしまう。そんな飢餓感に襲われてしまえば、物事を正しく捉えることなどできなくなってしまう。

 

 

 

そういう時は一旦上を見るのをやめて、今の自分が持っているすごいこととか、昔のことを思い出して感謝する。

 

  

 

さらに大きなこととして、失敗や挫折は結果ではなく、大局的にはただのプロセスであることも多い。どう考えてもマイナスな出来事は、自己の存在価値や存在意義を見失ったり、低くしてしまいかねないが、逆にその経験を持っているということ自体が希少価値だったりする。

 

 

 

大きな挫折は、求める成功の真の理解に役立つ。