嫉妬。

 

             

 

嫉妬なんてお門違いだった。

 

 

 

自分は自分。 

              

  

 

あの人も前を見て進み続ける、

 

 

 

仲間だった。