敵。

 

 

 

            ほんとうはみんな優しくて、

  

            敵は自分だったのかもしれない。